S3を使ってみる

投稿日 2014/12/30

[Home] 前の記事 次の記事

AWSコンソールからS3に入る

S3 は Simple Storage Service の略です。EC2が仮想マシンであるのに対して、こちらは外付けディスクみたいな感じでしょうか。

AWSコンソールにログインしたらサービス一覧から S3 を選びます。

まず、最初に行うことは「バケツ」を作ることです。これは、Create Bucket メニューから行います。バケツの名前はユニークでなければならないので、ありふれた名称だとすでに使われているかもしれません。

バケツはEC2のインスタンスのようなものですが、複数あってもそれぞれに課金されることはないはずです。

バケツを作ったら、"Create Folder"ボタンでフォルダを作ります (必須ではありません)。

 

ファイルのアップロード

フォルダを作ったらそこにファイルをアップロードします。

下のようなダイアログが開くので、"Add Files" ボタンをクリックし、アップロードするファイルを選択します。ファイルの選択が終わったら、ダイアログの右下にある "Start Upload" ボタンをクリックします、

アップロードが完了すると下のような画面が表示されます。

ファイルの公開

ファイルをアップロードした直後は、ファイルは非公開になっています。これを公開にするには "Properties" を選び、Permissions を公開に設定します。

上の画面の右上の方にアップロードしたファイルのURLが表示されているので、それをクリックするとそのファイルが表示されるはずです。

このURLをEC2のウェブページ貼れば、S3の画像なり動画なりが見れます。下のフラッシュ動画は S3 にアップしたものを使っています。

leita.swf

 

 


 このページの先頭  Prev: EC2を使ってみる Next: AWS Ubuntu の設定

 開設 2014年12月   著作権 2014-2015 bank.red  連絡先: こちらからメッセージを送ってください(お仕事も大募集)