AWS SDK for Java

投稿日 2015/02/18

[Home] 前の記事 次の記事 Ruby SDK はこちら Python SDK はこちら AWS SDK for Java API

準備

証明書 (Credentials) の取得とインストール

AWS SDK for Java を使うためには、証明書 (Credentials) が必要になります。これは、AWS CLI が使える環境ならすでに作成・インストール済みです。もし、AWS CLI が使えないなら新たに証明書を取得する必要があります。詳しくは「AWS CLIの使い方」を参照してください。


AWS SDK fo Java のインストール

"AWS SDK for Java" のページにダウンロードのリンクがあるので ZIP ファイルをダウンロードして展開します。中身ですが、下ののようになっています。

いろいろ入ってますが、最低限必要なのは JavaDoc やソースを除く jar ファイルだけです。これらを適当な場所へコピーします。インストーラのような物はないので、これで終わりです。

 

サンプル

S3 に接続してバケツ一覧を表示する

下のサンプルは、S3 に接続してバケツ一覧を表示するものです。AWS に接続するときの証明書の情報を取得するために環境変数を使っています。

これらの情報を取得する方法はいくつかあり、AWS SDK for Java の説明書に書いてあります。

/*
 *  Connect to S3 and list bucket names.
 *    Environ variables "AWS_ACCESS_KEY_ID", "AWS_SECRET_ACCESS_KEY", "AWS_REGION" must be defined.
 *       Visit http://bonk.red for details
 */
 import java.util.List;
 
 import com.amazonaws.AmazonClientException;
 import com.amazonaws.AmazonServiceException;
 import com.amazonaws.auth.AWSCredentials;
 import com.amazonaws.auth.profile.ProfileCredentialsProvider;
 import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3;
 import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3Client;
 import com.amazonaws.services.s3.model.Bucket;
 import com.amazonaws.services.s3.model.ObjectListing;
 import com.amazonaws.services.s3.model.S3ObjectSummary;
 
 public class S3Conn {
   public static AmazonS3 s3 = null;
   
   public static void main(String args[]) {
     AWSCredentials credentials = null;
     System.out.println("S3Conn main started.");
     try {
       credentials = new ProfileCredentialsProvider().getCredentials(); // 証明書を取得
       s3  = new AmazonS3Client(credentials);  // S3 に接続
       List<Bucket> buckets = s3.listBuckets();  // バケツ一覧を取得
       // バケツ名一覧を表示
       for (int i = 0; i < buckets.size(); i++) {
         System.out.println(buckets.get(i).getName());
       }
     }
     catch (Exception e) {
       System.out.println(e.getMessage());
     }
     System.out.println("Done.");
   }
 }

このソースのコンパイルですが、aws-sdk-java-1.x.x.jar をクラスパスに含める必要があります。

実行には以下のようにたくさんの jar ファイルが必要になります。実際のファイル名にはバージョン番号が付いてますが、ここでは省略しています。なお、これらのファイルは、SDK に含まれているのでダウンロードする必要はありません。

Java 以外の言語、例えば PythonRuby が使えるのなら、そちらを使ったほうがはるかに簡単ですね。

 

 


 このページの先頭  前の記事 次の記事

 開設 2014年12月   著作権 2014-2015 bonk.red  連絡先: こちらからメッセージを送ってください。(お仕事も大募集)