AWS Ubuntu の設定

投稿日 2014/12/30

[Home] 前の記事 次の記事

動作確認といろいろ

インスタンス (仮想マシン) にログインすると、最初の場所はホームディレクトリになってますが、ls コマンドを実行すると何も表示されません。つまりホームディレクトリは空の状態です。pwd コマンドで場所を確認すると、"/home/ubuntu" となってます。

ホームディレクトリに直接ファイルを置くのは好ましくないので、いくつかのディレクトリを作りましょう。下のような感じで作りました。

どんなコマンドが使えるか、よく使うものを試してみてインストールされてないようならインストールしましょう。perl や python は 入ってましたが、gcc や ruby は入ってませんでしたね。

Java も入ってないので、次のようにして入れました。

sudo apt-get -y install default-jre

.bashrc や .profile を編集してパスの追加やエリアスの追加などもしておくと便利です。

 

LAMP

LAMP とは Linux, Apache, MySQL, PHP のことで、ウェブサーバでよく利用されている構成です。AWS では Linux (一般にはWindowsなども選べるが) の導入は最初にインスタンスを作るときに行うので、導入が必要なのは残る AMP だけです。

これは、「EC2を使ってみる」の「Apache2, PHP, MySQLなどのインストール」を参照してください。


Apache の設定

Apache ウェブサーバですが、スタティックなページを表示するだけなら、設定の変更は必要ありません。PHPをインストールしたなら、PHPも動作するはずです。でも、CGI を動作させようとすると、設定を変更する必要があります。これはちょっと面倒です。詳しくは下のリンクをご覧ください。

 Ubuntu 13.10 Apache 2.4 CGIの設定(Ubuntu14.04もOK)

上のページで表示が途中で切れてしまっているところがありますが、以下の通りです。

sudo ln -s /etc/apache2/mods-available/cgi.load /etc/apache2/mods-enabled/cgi.load

ウェブページのパスワード保護が必要なら、.htaccess を有効にするようにします。/etc/apache2/apache2.conf をエディタで開いて下のようなスニペットを追加します。ディレクトリは保護したいものに変えてください。

<Directory /var/www/html/dirName>
  Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
  AllowOverride AuthConfig
  Order allow,deny
  allow from all
</Directory>

次に認証用パスワードファイルを作ります。これには "htpasswd" コマンドを使いますが、最初は入ってないので、次のコマンドでインストールします。

sudo apt-get install apache2-utils

インストールできたら、次のコマンドでパスワードファイル("passwords")を作ります。この名前はこの通りである必要はありません。userName は実際のユーザ名に合わせて変更します。

htpasswd -c passwords userName

次に保護したいディレクトリに .htaccess ファイルをエディタで作成します。これは、下のような感じになります。

AuthType Basic
AuthName "Restricted Files"
AuthUserFile /var/www/html/dirName/passwords
Require user userName

 

PHPの設定

MySQLを使うためのモジュールが入ってないので、下のコマンドを実行してインストールします。 pre.border0 sudo apt-get -y install php5-mysql

php.iniファイルは /etc/php5/apache2/php.ini ですが、特に変更する必要はないと思います。

 

MySQLの設定

MySQL ですが、root 以外のユーザが必要なら新しいユーザを作成します。mysqladmin コマンドを使うか、mysql クライアントで create user で作れます。

 

 サイトにドメイン名を付ける

AWS でもドメイン名を付けるサービスがあるようですが (Route53)、お名前.com で99円でドメイン名が取れるのでそちらを利用してみました。

 Google Analytics でアクセス解析をする

無料で高機能な Google Analytics を使用してアクセス解析を行います。

 

 


 Prev: S3を使ってみる Next: AWS marketplace

 開設 2014年12月   著作権 2014-2015 bank.red  連絡先: こちらからメッセージを送ってください(お仕事も大募集)