WinSCP で AWS EC2 に接続

投稿日 2015/01/11

[Home] 前の記事 次の記事

WinSCP とは

AWS EC2 とのファイル交換ですが、TeraTerm の "SSH SCP" や scp コマンドを使ってやっていたのですが、Explorer みたいな使い勝手がないと面倒です。FFFTP でも「暗号化」みたいなメニューはありますが、SCP には対応してないようなので、WinSCP というのを使ってみることにしました。場所は下記のURLです。

下記の内容は、このページのからのコピペです。

WinSCPは、MS-Windows上で動く オープンソースでグラフィカルなFTP、FTPS、SFTPクライアントプログラムです。旧来のSCPプロトコルもサポートします。このプログラムの主な機能は、ローカルコンピューターとリモートコンピュータ間で安全にファイルをコピーすることです。これに加え、WinSCPはスクリプトと基本的なファイルマネージャー機能を提供します。

このページには日本語ユーザーの為の短い案内が書かれています。WinSCPのドキュメントは ほとんど英語だけです。このページからリンクしている多くのページも英語です。


インストール

インストーラは英語ですが、難しいことはないです。デフォルトを選ぶだけでよいかと思います。途中、外観を選ぶところがあります。FFFTP風にするか、Explorer風にするかの選択ですので、好みの方を選べばよいかと思います。


EC2 との接続

ログインダイアログで、ホスト名、ユーザIDとパスワードを入力します。

ログインダイアログの"Advanced" ボタンをクリックして、さらに "Advanced ..." を選ぶと、下のようなダイアログが開きます。ここで、Private Key に EC2 に接続するときのキー (*.pem) を指定します。

WinSCP は直接、この *.pem ファイルは使えないようで、Putty キーに変換するためのダイアログが開きます。OK をクリックしてすなおに変換します。

変換されたキー (*.ppk) をプライベートキーとして使用します。

これで接続できるはずです。接続が成功すると、下のような画面(この画面はインスール時に Explorer風のスタイルを選んでいます。デフォルトだと FFFTP 風になります) が表示されます。

 

 


 このページの先頭  前の記事 次の記事

 開設 2014年12月   著作権 2014-2015 bank.red  連絡先: こちらからメッセージを送ってください(お仕事も大募集)