文字コード


文字コードの設定

 HTMLをブラウザで表示したとき、「文字化け」が起こることがありますが、これはブラウザがその文字コードを正しく認識できなかったためです。ブラウザが文字コードを認識するタイミングは、HTMLの前に送信されるHTTPヘッダです。これは、metaタグで設定することができます。HTML5では以下のように文字コードを設定できます。この例では"utf-8"としていますが、ここを他の文字コードにすれば、ブラウザはその文字コードでHTMLの内容を表示しようとします。utf-8以外でよく使われるのは、"shift_jis"や"euc"です。

 metaタグについてはこちらに記述があります。

<meta charset="utf-8" />

特殊文字の表現方法

 特殊な文字は &#nnnn や &#xnnnn という形式で入力することができます。nnnnはその文字コードです。これは、#の後にxがあると16進数、ないと10進数とみなされます。以下にいくつかの例を示します。

 これらの文字コードはUnicodeというコードで、ユニコード表で調べることができます。

文字10進数16進数別表現説明
&#8364;&#x20ac;&euroユーロ
&#8356;&#x20a4;英ポンド
&#8377;&#x20b9;インドルピー
ʃ&#0640;&#x0283;積分記号
&#7425;&#x1d01;AE

 

このページの先頭へ戻る