ブラウザ・オブジェクト


ブラウザ・オブジェクトとは

 JavaScriptはブラウザ上で動作しますが、JavaScriptでブラウザの各部品を操作できます。その際に、それらの部品をモデル化したのがブラウザ・オブジェクトです。ブラウザ・オブジェクトには、次のようなオブジェクトが含まれます。


ブラウザ・オブジェクトに含まれる組み込みオブジェクト

Window

 Windowオブジェクトはブラウザのウィンドウを表します。Windowオブジェクトは最上位のオブジェクトで、JavaScriptすべてのグローバルオブジェクト、関数、変数、定数はWindowオブジェクトのメンバーになります。

プロパティ

すべてのグローバル・オブジェクト、変数、定数はWindowのメンバーですが、その他に次のプロパティがあります。

window.innerWidth
ウィンドウ(クライアント領域)の幅
window.innerHeight
ウィンドウ(クライアント領域)の高さ

メソッド

すべてのグローバル関数はWindowのメソッドですが、その他に次のメソッドがあります。

window.open()
新しいウィンドウ(タブ)を開く。関数値としてその新しいウィンドウオブジェクトを返す。
window.close()
ウィンドウ(タブ)を閉じる。
window.moveTo(x, y)
ウィンドウを移動する。
window.resizeTo(w, h)
ウィンドウサイズを変更する。
window.scroll(x, y)
ウィンドウを座標x, yにスクロールする。
window.scrollTo(x, y)
ウィンドウをスクロールする。
window.scrollBy(dx, dy)
ウィンドウを座標x, yにスクロールする。
win.focus()
ウィンドウオブジェクト win にフォーカスを与える。
win.blur()
ウィンドウオブジェクト win のフォーカスを外す。

サンプル


Screen

 window.screenオブジェクトは、ユーザスクリーンの情報を保持しています。

プロパティ

screen.width
スクリーンの幅。単位はpx。
screen.height
スクリーンの高さ。単位はpx。
screen.availWidth
ユーザが実際に使用できるスクリーンの幅。単位はpx。
screen.availHeight
ユーザが実際に使用できるスクリーンの高さ。単位はpx。
screen.colorDepth
1つの画素を表示するのに必要なビット数。
screen.pixelDepth
スクリーンの1画素当たりのビット数。

サンプル


Location

 window.locationオブジェクトは、現在のページのURLを取得したり、他のページへリダイレクトするときなどに使用する。

プロパティ

location.href
現在のページ。
location.hostname
現在のページのホスト名。
location.pathname
現在のページのパス名。
location.protocol
現在のページのプロトコル。

メソッド

location.assign(url)
新しいドキュメントをロードする。

サンプル


History

 window.historyオブジェクトは訪問したページの履歴を保持しています。

メソッド

history.back()
「もどる」ボタンをクリックしたときの動作。
history.forward()
「進む」ボタンをクリックしたときの動作。

サンプル


Navigator

 window.navigator オブジェクトは、ブラウザに関する情報を保持しています。

プロパティ

navigator.cookieEnabled
クッキーが有効かどうか。
navigator.appName
ブラウザの名前。(例)Netscape
navigator.appCodeName
ブラウザの名前。(例) Mozilla
navigator.platform
OSの名前。
navigator.userAgent
ブラウザのバージョン情報。
navigator.appVersion
ブラウザのバージョン。
navigator.product
ブラウザのエンジン。

サンプル


Popup Alert

 ポップアップウィンドウを表示します。

メソッド

window.alert(message)
messageを表示する。
window.confirm(message)
messageを表示し、ユーザの確認を得る。結果はBool型で返される。
window.prompt(message, defaultText)
messageを表示し、ユーザから入力を促す。結果はユーザが入力した文字列またはdefaultText。

サンプル


Timing

 タイマー機能を提供します。

メソッド

window.setInterval(function, milliseconds)
millisecondsで指定した間隔で関数function()をコールする。関数値としてclearIntervalで使用するハンドルを返す。
window.setTimeout(function, milliseconds)
milliseconds経過したら関数function()をコールする。関数値としてclearIntervalで使用するハンドルを返す。
window.clearInterval(handle)
タイマーを停止する。

サンプル


Cookies

 JavaScriptは、document.cookieを使い、クッキーの読み書き、変更、削除を行います。

プロパティ

document.cookie
クライアントへ送るクッキーまたはクライアントから受け取ったクッキーを表す。

サンプル


 

このページの先頭へ戻る