Visual Studio Team Service の使用法

[Home]

投稿 2016/03/20

(注意) この記事は Visual Studio 2015 を対象にしています。他のバージョンでは操作法が違ったり利用できない可能性もあります。


Visual Studio Team Service の概要

 Visual Studio Team Service は Visual Studio の「チーム」メニューを利用するためのサービスで、チームでプログラムを開発する場合に利用できます。ただし、メンバー5人までは無料で利用できますが、6人以上になると追加料金が必要になります。


サインアップ

 サービスを利用するためにはマイクロソフトのアカウントが必要です。もし、持っていないなら事前に取得しておきます。次に下記のサイトを開いてサインアップを行います。

www.visualstudio.com

サインアップが成功すると次のような画面が表示されます。サインアップの途中で、リポジトリとしてTFVC (Team Foundation Server) と Git を選びますが、ここでは TFVC を選択してあります。その場合、デフォルトでは "My First Project" というリポジトリが作成されます。(サインアップの途中で別の名前に変更できます)


接続

 Visual Studio の「チーム / 接続の管理」メニューを実行して接続できることを確認します。接続に成功すると、チームエクスプローラに次のように表示されます。


プロジェクトメンバーの招待

 接続できたらプロジェクトの参加メンバーが接続できるようにします。ここでプロジェクトメンバーもマイクロソフトアカウントが必要になります。チームエクスプローラの上の方にあるホームアイコンをクリックしてホームメニューを表示します。

 次に一番下の「設定」メニューをクリックします。

 チームプロジェクトの中の「グループメンバーシップ」をクリックします。

ブラウザが起動して次のような画面が表示されます。途中でセキュリティ警告が出たら許可ボタンをクリックします。

 緑色の Add ボタンをクリックしてメンバーを追加します。


権限の追加や変更

 必要なら参加メンバーの権限の追加や変更を行います。これはコントロールパネルの Security ページで行います。


新規プロジェクトの作成

 Visual Studio にもどり、チームエクスプローラのホームアイコンをクリックしてホームへ戻ります。下の方に「新規作成」メニューがあるのでクリックします。おなじみの「新しいプロジェクト」ダイアログが開くので作成したいプロジェクトを選択して、OK ボタンをクリックします。

プロジェクトを作成するとき、ローカルコピーの場所(ワークスペース)を指定します。デフォルトでは 「$/My First Project: C:\Users\user\Source\Workspaces\My First Project」になります。


チェックインとチェックアウト

 新しいプロジェクトのコードを記述したら、チェックインを行います。これによりコードがサーバにアップロードされます。チームエクスプローラのホームアイコンをクリックしてホームに戻り、「保留中の変更」メニューをクリックします。

 「保留中の変更」画面が開くので、上の方にある「チェックイン(I)」ボタンをクリックします。これにより変更したコードのチェックインが自動的に行われます。

 翌日などに続きの作業を行う場合は、ホームの下の方にソリューション一覧が表示されているので、そのどれかを選んで「開く」メニューを実行します。

ホームの「ソース管理エクスプローラー」をクリックすると、次のような画面が開くのでここでチェックイン / チェックアウトも可能です。特にまだ取得していないプロジェクトをダウンロードする場合は、この画面で行います。